ネスレ

ネスレ、シンガポールのバイオポリスにリサーチセンター設立

Pocket はてブ

ネスレは2016年4月1日、アジアにおける研究イノベーション活動の拡大に伴いネスレリサーチセンターアジア(Nestlé Research Centre Asia、以下NRCアジア)の設立を発表した。今までもアジア地域では中国と日本にNRCはあったが、NRCアジアはシンガポールの生物医学研究の拠点であるバイオポリスに誕生する。

今後のアジア地域における高齢者人口は2050年までに12億人が予想され、世界の高齢者人口の60%に相当すると見られている。そのためネスレは、アジアの高齢化のニーズにより適切に対応する「ヘルシーエイジング」に重点的に取り組むとしている。

今回のNRC設立は2011年から続いているシンガポール科学技術研究庁(Singapore’s Agency for Science, Technology and Research、以下A*STAR)とネスレとの戦略的パートナーシップによるもので、これまでのパートナーシップでは「食品科学」「工学」「材質科学とパッケージ」「栄養学」「健康と行動」という分野での研究を行ってきた。そして、NRCアジア設立以降の両者の協力関係により、「生体内変化」の分野にも拡大されるとしている。

NRCアジアはA*STAR所管の生物医学研究機関に隣接される予定で、バイオポリスな及び近隣病院や大学等で行われている研究とも近い距離になり、シンガポールの統合R&Dエコシステムと接することができるため、高品質で栄養価の高い製品の開発に向けた共同研究を行うことが可能だとしている。

 

 

<参考サイト>

参考ウェブサイト:こちら

画像参照元:flickr

国連人口部

ネスレジャパンプレスリリース

====
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

 

 

Pocket はてブ