Swimmo

世のスイマーたちへ。水中使用OKのウェアラブルデバイスSwimmoプレオーダー開始

Pocket はてブ

今まで多くのウェアラブルデバイスが世に出てきたが、その多くがランナー向けのもので、多少の雨には対応できても水中使用はNGなものがほとんどだった。しかし、ついに水中使用が可能なウェアラブルデバイスSwimmoKICKSTARTERでプレオーダーを開始している。

その性能は他のウェアラブルデバイスと同様、Swimmoも水中での運動距離・消費カロリー・スピード・心拍数などを記録する。使用方法も簡単で、Swimmoを付けてセッションを開始し、実際に泳ぐだけだ。

また単にパフォーマンス記録をつけるだけではなく、読み取った心拍数を基に適切な心拍ゾーンで運動できるように運動を最適化したり、事前設定したペースから遅れた場合はバイブレーション機能でアラートしたり、とまるでコーチのように運動をサポートしてくれる。

パフォーマンスの詳しい情報をチェックしたいときはもちろんBluetoothでiPhone等のデバイスとの連携も出来て大きな画面で確認できるが、Swimmo単体でも十分な機能を持っているため、他のウェアラブルデバイスと違って頻繁な同期は必要ないかもしれない。

そしてプール以外でも全ての水中運動を記録してくれるので、海や川でのアクティビティにも活躍するだろう。

来月か再来月には商品発送の予定のため、気になる人はぜひSwimmoのサイトをチェックだ。

 

参考ウェブサイト:Link 

・製品サイト:こちら

・KICKSTARTERサイト:こちら

==========

今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ