5455106314_af4a365022_b

医療向けウェアラブルデバイス市場、2020年までに189億ドルの規模へ

Pocket はてブ

世界の医療向けウェアラブルデバイス市場において2015年には総売上がおよそ51億ドルにものぼったという。またフロスト&サリバンは2020年には189億ドルの総売上、29.9%の年平均成長率にのぼると明らかにした。

その一方で、消費者のヘルスケアのウェアラブルと医療用ウェアラブルはそれぞれ27.8%、32.9%の年平均成長率となっている。

フロスト&サリバンのVenkat Rajanさんは「ウェアラブルデバイスやセンサー、代替電源、ワイヤレスプラットフォームなどの画期的な技術革新があっても5年前には実現可能ではなかったであろう新たな可能性も今では実現することができる」と述べており、また「基本的な消費者中心のアプリケーションだけでなく、より長持ちし信頼のできる機能セットを持つ新しいウェアラブルデバイスは、臨床の適応領域を拡大する」とコメントしている。

同社はまた、ウェアラブルは慢性疾患のモニタリング及び、他の臨床アプリケーション等ケアの提供モデルを変化させることが期待されていると言及した。

臨床用のウェアラブル技術はいつでもどこでも規範的なサポート、ケアを可能にする。「臨床ウェアラブルは支払者と患者、そして臨床医が同時に市場の足場を得るためにその価値を正当なものにしなければならない。」とRajanさんは言う。また「収集されたデータの正確性の信頼度は、あらゆる医療決定のサポートの有用性において最も重要である。」と続けた。

しかしながら、とてつもないほどの機会があるにも関わらず多くのウェアラブルがローンチし努力しているがうまくいっていない。フロスト&サリバンはこれをオーバースペック或いは不必要に複雑なシステムという共通のお落とし穴が潜んでいるのではないかと見解を示している。

今後も世界の医療向けウェアラブルデバイス市場の動向から目が離せない。

 

参考:Link

画像参照元:flickr

================

今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ