addiction-71576_1280

その人にあったカスタマイズできる新たな錠剤

Pocket はてブ

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームはパーソナライズされた医薬品を簡単にしかも安価に作る方法を発見した。

助教授のSoh Siowling博士と工学部化学生物工学科博士課程のSun Yajuanさんによって設計された錠剤の新しい制作方法では、放出特性を持ったカスタマイズできる錠剤を作ることが出来るという。

「実現するにはあまりにも複雑で高価だったとして、長い間パーソナライズされた錠剤はかけ離れた考えであった。しかしこの新しい制作方法はそれを一変させた。技術的にはシンプルで、比較的安価でさらに汎用性が高い。医師はその場で患者に合わせて調節された薬を提供でき、また製薬会社による大量生産に用いることが出来る。」とSoh博士は述べた。

NUSのチームによって設計された錠剤は層ごとに錠剤の製造するのではなく、解放速度を決定する高分子医薬を含む3つの要素から構成されている。

高分子医薬の形状を調節することによって、いつでも適切な割合で薬を放出することができる。医師は3Dプリンターを用いて、患者の治療に適した錠剤を生成するためにコンピューターに放出特性を打ち込むだけで簡単に生成することができるというのだ。

この製造方法はまた、同じ錠剤であっても薬物負荷を複数種類含むよう修正することができる。つまりそれぞれ異なった割合の放出率をカスタマイズできるのである。

 

参考:Link

================

今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ