blood-pressure-949092_1920

新しい補助人工心臓による生存率の増加

Pocket はてブ

補助人工心臓に求められるものは最低条件としての鼓動を打ち続ける機能だけでなく、正しく機能し続けること。シンガポール国際心臓センター(NHCS)高い生存率を示した新しく改善された心臓ポンプを導入し。しかし、注目すべき点は生存率が上がっただけではなく、より深刻かつ複雑な心臓病患者に適合するという点だ。この新しい心臓ポンプは2016121日シンガポールにて初めて使用された。

NHCSがこの製品を開発する過程は平坦な道ではなかったという1年間で6カ国から50もの患者を集め規模な臨床実験がなされ、生存率は92%という高い数値を示した。さらに、患者の83%は心不全の症状が改善した。この補助人工心臓通称ハートメイ3と呼ばれている

ハートメイ3は、患者が移植をするまでの待機期間に代替として使われる。待機リストの中で、初めてハートメイ3を使用したのは44歳の患者だった。これまで、患者の約30%がドナーの心臓が不適合であることを理由に手術が受けられず待機期間中に死亡していた。このような事実を受けNHCSは毎年10から15個のハートメイ3付属のデバイスの移植支援を始めた

ハートメイト3は血液凝固のリスクを減らすことができ、自然な鼓動を模した人工的な信号を送ることができる。従って、これは血栓やポンプの故障可能性を減少させ。ハートメイト3は内蔵制御電子回路の存在により、データの保存が可能であるなど革新的な特徴を持ち合わせている。この機能によりパラメータや速度設定のデータを保存ができ、連続的な操作や異常が発見された場合に記録され。万一、デバイスと体の間で信号伝達の問題が起きた場合も記録ができるようになっている。また、リチウム電池を2つ使用することにより、充電なしで17時間ほど連続使用可能となった

 

参考:Link
================
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ