healcerion

アメリカ食品医薬品局、Healcerion社の小型無線超音波装置SONON300承認へ 

Pocket はてブ

韓国に拠点を置くHealcerion社は、トランスデューサ(エネルギー変換器)よりも小さな超音波システムを開発した。SONON300はタブレットやスマートフォンのペアリング機能を活用し、画像を分析や他のユーザーと共有できる環境下でワイヤレスにより他のデバイスにデータを送信、共有ができる。電池は360グラム程の充電式リチウムイオンが使用されていて、Wi-Fi接続に加え3G/LTE機能も備えている。

SONON300Cは、整列された凸状のトランスデューサを使用しており、同社は現在、同様の線形及びより小型の凸状モデルの開発に取り組んでいる。

わずか4年前にHealcerionを設立したベンジャミン・ジュンウ・リュウ氏は、サイズや価格に制限されない超音波ユキビタスの考案に注力している。大規模なシステムは、固定型で簡単に小型のデバイスに置き換えることができない問題が存在するが、SONON300は超音波の計測許容量を嵩増すことにより、これらの問題を解消する。

韓国の国立医療センターのガウォン博士は、「診察時、超音波診断は患者の状態を評価するのに有用である。それにより、従来の大型超音波機器は、診察に使うことすら考えられなくなるだろう。その上SONONが高速な読み込みや、装置のサイズが小さいにもかかわらず優れた解像度を実現した。それらは、私たち医者の為にとても精巧に作られているので高い評価を受けることは間違いない」と述べている。

Healcerion:HP

参考:Link
=============
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ