heartbeat-163709_1280

遠隔医療を可能にする技術

Pocket はてブ

高価で複雑な装置はもはや遠隔医療をする上で必要とされない。今日、消費者向けに発達してきた技術は、遠隔医療をより身近なものにしている。しかし、それがどのような技術で、どのように生かされているかご存じだろうか?

遠隔医療は、技術なしには実現し得ない。しかし、遠隔医療の技術はほかの技術に比べ、私たちの生活に身近ではない。

「遠隔医療とその関連技術を分割することで、事業を単純かつ明確にする」2つの遠隔医療企業の創立者であり、アメリカ遠隔医療協会、モバイル健康グループの議長であるプラモド・ガウル氏はこう述べている。

これまで、農村部や地方の慢性疾患の患者のための同期遠隔医療ビデオおよびモニタリングは存在していた。

「しかし、それは慢性疾患のように長い年月をかけて治療をする必要がある病のための方法だった。」とガウル氏は話す。

数年前にモバイル技術が爆発するかの如く発展した。それにより、突如大型で高価なビデオ機器は遠隔診断において必要としなくなった。そして、患者と医師の間で全く新しい遠隔医療が実現した。

ガウル氏は「FaceTime社やGoogleハンドアウトと Skypeなどの民間のインターネットコミュニケーションツールによって遠隔医療は機能する。嘗てないほどの有用な技術だ。」とも話している。

しかし、これらの技術は暗号化、機密性を欠いているためHIPPAを準拠し暗号化されたビデオが開発された後、本格的に医療分野に取り入れられた。”Doctor on Demand and Teladoc” (ドクターオンデマンド・アンドテラドック) といった有名企業が分野を先導している。

「鍵は、暗号化のほかに圧縮できることだ。それにより、容量が小さくなる。さらに、高品質の画像を容易に確保できるため、大量の情報を入手し選別する必要もない。」とガウル氏は続ける。

そのため、約一年前から保険会社は、遠隔診断対象の医療費提供サービスを開始した。

「これは、近所の病院の緊急診療に行くより、家庭に居ながら遠隔診断を使い受診する別の選択肢が生まれる。」

今日、遠隔医療は都心地方関係なくに患者に対応できる。また、Medicaid(米国の低所得者向け医療費補助制度)やMedicare(高齢者向け医療保険制度)も適用する為、低所得者や高齢者層も問題なく利用できる。

遠隔医療を介して診察するにあたり必要になる血圧のチェックをするため、町の商店の一角に簡易的なブースを設備できれば一歩進んだ医療が望める。

ガウル氏は、低レベルの技術者(訓練を受けた大学生等)でも使えるような「支援テレヘルス」の発展にも力を注いでいる。

今後数年間で、遠隔医療を完全に可能にするまでの技術発展がなされるだろう。クラウドシステムは、遠隔医療の相互運用を可能にする。相互運用することで、日常生活での歩数、体重の増減など健康状態に関係する情報を収集できる。

医者としても、クラウドシステムの相互運用を利用することでバイタルサインなど多くの医療情報を収集できる。しかし、収集されたすべての情報は、HERシステムに提示する必要がある。そのため、正確なデータを集めるために適切な技術が求められ、データの信憑性も向上する。最後にガウル氏はこうも述べている。

「それは、医療の情報を集め発展させる膨大なチャンスだ。医療機関は、その情報を活用し、患者の症状から病名を予測することがより正確にできる。」

 

参考:Link
=============
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ