singapore-218516_1920

急騰するシンガポールのライフサイエンスとヘルスケアエコシステム

Pocket はてブ

東南アジアのヘルスケアシステムは、近年深刻な資金不足に直面している。2012年、東南アジア全ての公共及び民間の医療機関で使われる医療費はGDPのわずか3.9%と世界最低額で、資金の回収が十分にできなかったためだ。アメリカやヨーロッパの医療費が年間数千ドルの一方、ほとんどの東南アジア諸国の平均は年間250ドルを下回った。

アジア全体のヘルスケアシステムは、近代化が進むにつれヘルスケアのテクノロジーを有する企業がより激しく新たなチャンスを得ようと競合している。もちろん、彼らのビジネスモデルやターゲット市場は異なるが、シンガポールに東南アジアに向けた拠点を構えていることが多い。

シンガポールはアジア太平洋地域の市場をターゲットにする企業に注目されている。この都市は、過去数十年で労働力の多国籍性、言語の多様性、スマートシティ構想やベンチャー企業に優しい経済システムにより注目を集めた。
他にも、ベンチャー企業がシンガポールを拠点に活動しようとする理由がある。

  • 効率的な作業が可能で、信頼性の高い法的枠組みがあること
  • 起業のしやすさ
  • 豊富な人的資源
  • R&Dを実施するのに絶好の場所であること
  • シンガポールは世界でも一流の大学を有し、仕事に直結する専門的かつ高度な教育を受けられる。

地理的要因
シンガポールは、ベトナム、インドネシア、フィリピンなどアジアの急成長している市場と近接しているという大きな利点がある。これらの国々は、良い人的資源と熟練した労働者がいる。中流階級の増加している一方で未発達のヘルスケアシステムによる疾患の問題を抱えている為、これらを改善することでマーケットがより拡大するだろう。

また、ミャンマーやカンボジアなどの発展途上国にも隣接しているため、これらの国々に焦点を置くことで、ヘルスケア技術の革新が望める。

起業の中心地
シンガポールは、多くの世界的な大手医療機器、バイオテクノロジーや製薬サービス会社が本社を構えているため、新興のアジア市場の中心部となっている。これにより、アイデアや戦略的パートナーシップを結ぶ機会、ヘルスケア事業のための資金調達などの機会が豊富である。

ヘルスケアベンチャー企業によって、公共衛生NGO向けの遠隔医療、薬学などのアプリをはじめとして、アジア地域の生活水準向上のための革新的なアプリが次々と開発されている。

シンガポールは、世界に影響を及ぼすであろう優良なヘルスケアのベンチャー企業にとって、企業拡大の最良の場所であると言っても過言ではない。

 

参考:Link
=============
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ