Sleepace

最新製品、Noxと睡眠管理システム「RestOn」の評価

Pocket はてブ

昨年、sleepace社は、一般的な人の睡眠の質を測るためにスマートスリープモニターRestOnを使用し実験をした。その結果、いくつかのデザインの問題点やバグ(以降修正された)から、精度や機能の向上だけではなく、個人に対応できる機能の向上にも取り組んだ。Noxとは、睡眠促進機器であり、RestOnはその機能を高めるシステムである。

RestOnの発売以来、sleepace社は睡眠ライトの利用で容易に眠りに就け、より自然に目を覚ますことができる機能を売りにしてきた。Nox単体で睡眠促進機器としての利用も可能だが、RestOnと併用することで、より大きな効果が期待できる。

設計とハードウェア
Noxは丸みを帯びたエッジとモダンでシンプルなデザインでどのような寝室にも合う魅力がある。白色の上部2/3はライトのように光り、下部1/3はディスプレイになっている。ディスプレイは時間とワイヤレス接続状態を示し、時間経過やボタンにより消える。これは、デジタル時計やスマートフォンで使用される、セグメント7の赤や緑のような強い光ではなく、睡眠を妨げないやわらかい光に工夫されている。Noxの上部には電源、音量、光の強弱調整の計5つのボタンが備えられている。洗練された美しいフォルムだが、指紋認証機能が課題となっている。背面にはスピーカー、電源ジャック、充電用のUSB端子がある。

Noxは基本的にアプリで制御されている。光は明るさだけではなく色も細かく設定できる。睡眠用の光として、素早くかつ自然に眠れるよう赤色光だけでなく、睡眠を促す色調、明るさ、音楽を選択できる「スリープ・エイド・モード」と呼ばれる機能もある。アラームは、やさしく日の出を模した白色光と音楽で心地よい起床を実現する。

また、RestOnベットセンサーを使用すれば、睡眠時間やサイクルを計算しもっとも疲れの取れる時間帯に起こしてくれる。 睡眠補助やアラーム機能は、個人のための微調整のために気の散る光等が初期段階で発生するが全体的な不具合はない。加えて、隠れ機能として室温、湿度、光、騒音レベルの測定し快適な睡眠をデザインする。

長所
・シンプルで魅力的なデザイン
・スマートアラームによる二度寝の回避
・湿度、室温、光、及びノイズレベルを測定できる機能

改善点
・RestOn睡眠モニターを同時使用しない場合は効果が低下する
・内臓音楽以外の音源も再生可能であるとなお良い

体感では、スマートアラーム機能の光や音がより良い目覚めを促進しているが、睡眠の質が向上したかは確かではない。また、温度、湿度、光、騒音レベルの測定は個人によって緻密に調整されるようであり、情報収集による今後の機能発達が期待される。

さらなる有用性の面では、Noxは様々な可能性を秘めている。USBジャックやBluetooth機能の携帯のしやすさから好みの音楽を保存できれば、音楽プレーヤーとしても使用可能であるだろう。価格は1万6000円弱であり、他社製品より低価格であるが、スマートフォンアプリで代替可能な機能が存在する。もし、この夏寝つきが悪いのであれば、一考する価値はあるだろう。

 

sleepace:HP
参考:Link
=============
今回の記事はいかがだったでしょうか?
当メディアの運営会社、HEALTHBANK PTE.LTDは、東南アジアにおける富裕層向け医療コンシェルジェサービス、ヘルスケア関連IT事業の展開、および日本のヘルスケア関連企業の東南アジアへの進出支援を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Pocket はてブ