インドネシア(Indonesia)

【国概要】

人口 2億4,882万人
面積 191,931㎢
年齢別分布 0-14 years:25.82%   15-24 years:17.07%   25~54 years:42.31%  55-64 years:8.18%   65 years:6.62%
一人当たりの名目GDP 3,491.9USD [2014年]
一人当たり総医療費(年間) 107 USD
病床密度 0.9床/ 1000人あたり [2012]
平均寿命 71歳(M:69歳 F:73歳)[2013]
製薬 インドネシアの医薬品市場は、2011年時点で約68億米ドルで年平均11.3%と高い成長率で拡大しており、2018年までに約96億ドル(約1兆円)に到達すると言われている。また、製薬会社に対しては最大85%までの出資規制がある。また、販売する医薬品に対して5年以内にインドネシア国内で生産することが義務付けられている。
一部のジェネリックを除き、国による薬価算定はなく、製薬企業とインドネシア国家医薬品食品監督庁(BPOM)との交渉により薬価が決定される。価格に関しては、基本的に先発品との価格差が参考にされ、新製品の場合は、諸外国での価格が参考にされる。ジェネリック医薬品については医療向け価格の上限が設定されている。多国籍企業1社を含む上位7社で国内医薬品市場の4割のシェアを握っている。
病院 中間層の拡大や健康意識の増大によってインドネシアの医療市場は拡大の一途を辿っている。医療サービスに対する需要や、医療サービスを提供する事業者は確実に増えており、今後益々拡大する予想である。インドネシアの病床数は近隣諸国と比べても圧倒的に少なく、国を挙げての増床に取り組んでおり、大手の財閥が医療分野への参入を加速させている。しかし、資本規制の関係で外資による病院建設には制限があり、参入するためには地場企業との提携をし良好な関係を築いてビジネスをすることが必要である。
公的な医療サービスは質が悪いと言われており最新鋭の設備や優秀な医師は大都市圏であるジャカルタに集中している上、貧富の差が大きく裕福な人たちはシンガポールやマレーシアへ治療を受けに行くなど医療目的で出国する人が多い。
介護 インドネシアは平均年齢が若く、若年層に厚みがある典型的な途上国型の人口ピラミッドとなっている為、現時点で深刻な高齢化に陥っていない。国連によると。2045年頃にインドネシアは高齢化社会に突入し、その頃には高齢者介護に対しての需要が急増すると予想されている。また、インドネシアの中間層以上の家庭ではメイドを雇用していることが多く、高齢者の介護もメイドの助けを借りながら行う家庭が多く、介護サービスに対しての需要は非常に限定的なものである。
介護保険制度は存在せず、年金制度についても一部の民間企業・公務員・軍人を除いて皆無に等しい。怪我や病気・事故に対しての備えも存在しない為、介護保険制度が必要とされるにはまだまだ時間がかかると想定される。
海外進出にあたっての環境 外資系企業が総合病院を運営することは原則禁止されており、参入は「専門病院に限る」など厳しい規制がかけられている。専門病院はマーケットによって対象となる患者の数が異なるため、慎重に参入しなければならない。インドネシアで事業を行うには、生産工場の設立か、国内に既に工場を持つ企業への生産委託を検討して進出しなければならない。(短中期で利益確保が見込めない中、工場を設立することは容易でない)
医療保険制度 2014年1月1日を皮切りに、2019年1月1日までの5年間を費やして国民皆保険制度への移行を開始している。これは世界第4位の人口と豊富な中間層を抱え、安定的な経済成長を背景として世界最大規模の医療保険を実現しようという取り組みである。2014年1月1日以前は、全国民を対象とした社会保険制度は確立されておらず、当国では業種毎に異なる組織が保険制度を運営してた(労働者向けの社会保険、貧困者向けの医療報償制度、公務員及び軍人・警察向けの医療保険や年金制度など)。
・公務員対象:公務員医療給付制度「ASKEA」
・民間企業の労働者を保険するものである「労働者社会保障制度」(JAMSOSTEK)
・貧困者を対象とする「社会健康保証制度」(JAMINA)
・軍人を対象とする制度(ASABRI)
・パイロットプログラムの「社会福祉保険」(ASKESOS)
・その他民間医療保険
参考URL 【参照リンク】
・The world Bank http://www.worldbank.org/
・The world factbook https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/
・JETROインドネシア https://www.jetro.go.jp/world/asia/idn/basic_01.html
・RolandBerger https://www.rolandberger.com/media/pdf/Roland_Berger_TAB_Newsletter_Hiyaku_03_20140423.pdf
・海外の医療事情 http://www.hcpg.jp/medicalinfo/south-asia/865.html
・みずほ総研 http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/mif_159.pdf

【関連記事】